漢方における治療方針について

漢方における治療方針について

漢方とは、中国から伝来して日本で発展した医術および薬学です。西洋医学は病気の原因を薬や外科的処置などで取り除くという治療方針でおこなわれますが、それに対して漢方は、体が本来持っている治癒力を高めるという考え方でおこなわれます。そのため漢方での治療方法は、非常に種類が多いです。個々の体質次第で異なる治療方法を選択する必要があるからです。たとえば全く同じ症状が出ている人が2人いたとします。西洋医学では基本的に双方に同じ治療をほどこしたり同じ薬を処方したりしますが、漢方では異なる治療をおこない、異なる漢方薬を処方します。自然治癒力が何によって高められるかは、一人一人異なるからです。ですから漢方で治療をおこなえば、かなり高確率で病状は改善されます。自然治癒力がアップすることで体質自体が改善され、病気にかかりにくくなったりもします。漢方は、人の生命そのものにパワーを与えるものなので、西洋医学と異なり副作用もまずありません。使用する薬も、化学合成で作り出されたものではなく自然界に存在している薬草が原料とされています。体に負担を与えずに、体にとって最も適した方法で徐々にパワーをつけて改善していく、これが漢方なのです。